オール電化で賢い生活|めっちゃ削減LIFE

インテリア

オール電化の工事費

男性

オール電化は火も使わないので二酸化炭素も発生せずに環境にもやさしいシステムですが、その工事費用は高めです。屋根に設置する太陽光パネルも簡単に取り付けられればいいのですが出来ない時は屋根のリフォームも検討する必要があります

View Detail

オール電化の概要

部屋

大幅な節約が期待できるオール電化ですが、住宅に太陽光発電システムを導入することにより、電力利用の一本化が可能となります。更に、オール電化はガス代を0円にするなどの利点もあります。しかし、オール電化は工事費が高額というデメリットも存在します。割引などのサービスを含めて見積もりを行っても、50万円ほどかかるというのが現状です。ただ、数年前は100万円かかる場合があったので、それを踏まえると年々安くなりつつあると言えます。

オール電化は調理や給湯、冷暖房といったシステムを全て電気で行うシステムのことです。住宅の一軒一軒がそれぞれ構造が異なるため、家によって工事費が異なるため、実際に工事を行ってもらう際にしっかり見積もりを行ってもらう必要があります。見積もりを行う前にまず知っておきたいこととしては工事費は大まかに三つに分けられ、それぞれで独立して考える必要があるということです。まずオール電化のために必要な装置本体の値段と付属品の費用が必要です。オール電化のための装置本体などはネットの通販で売っている場合もあるため、施工業者に見積もりを頼んだ際に値段を確認し、どちらが安いかを判断するといいでしょう。次に電気工事代が必要になります。家庭によって配線の状態が異なりまた引き込める電圧や工数にも差が出てくるため、更に工事店によって出してくる工事費の見積もりが異なってくるためしっかりと見極める必要があります。そして水道周りの工事費も必要で、こちらも家庭の状況や水道会社によって工事費が変動します。新規に配管する必要やオール電化専用の給湯器の設置、排水周りの設定などがあり、工事店によって値段が異なります。オール電化にする際にはどうしても初期費用がかかります。しかし本体をネットで調べて、質のいい物を安く購入することや、複数の工事店に見積もりを依頼してもっと安い場所、或いは信頼の置ける場所を発見することで、初期費用やアフターケアを含めてお得で快適に過ごすことができます。

オール電化の魅力

作業員

オール電化住宅では、電気のエネルギーを使用して生活することが出来ます。オール電化は地球の環境にも良いですし、なにより光熱費の負担が下がるため家計にも優しいのです。

View Detail

オール電化工事の手順

内観

オール電化住宅に刷るためには、各種機器や配管の撤去、交換が必要になります。オール電化工事の一連の流れを確認しておくことで、今後のオール電化住宅にする際のヒントにしましょう。

View Detail

Copyright© 2016 オール電化で賢い生活|めっちゃ削減LIFEAll Rights Reserved.